trendseye

スナ女

昭和生まれの日本人にとって懐かしい「スナック」だが、もはや親父のたまり場ではないそうだ。最近のスナックの常連客は主に女性、しかも20~30代とのこと。夜な夜なママと雑談しカラオケを楽しむ、新現象「スナ女」とはいったい何なのか?
「スナック」の定義は「深夜酒類提供飲食店営業届」のもと営業する業態、“対面”が原則でお客の横に座って接客することはできない。バーと同じカテゴリーでクラブとは一線を画す。
カウンターの中にいるママやマスターが客と交流しながら飲食を楽しめる環境を提供し、そこに同じモチベーションを持つお客が集まる。常連客メインの或る種閉鎖空間だ。
「スナックdeカラオケnavi」という便利なクーポン付きのサイトなどが、掲載店への初来店に限り3000円で飲み放題となる仕組みを提供、事前に店の雰囲気を伝えてスナック初心者の女性の不安を減らしてくれる。
雑誌Hanakoから生まれた、東京を生きるウェブメディア「Hanako.tokyo」でも、人生の大先輩「街場の大聖母マドンナ(スナックママ)」から金言を聞こう、というようなスナック特集が人気だそうだ。女性の都会一人暮らしの指南役がスナックのママで、そこに教えを乞いに集まるのが「スナ女」という構図だ。
「スナ女」には副業や1日ママなどで自らスナックを開業したい人も多い。SNSでのコミュニケーションに懲り、“リアルの世界で自分が好きな人だけを集めて自分の部屋みたいなお店を作りたい”という思いが根底にあるようだ。
美しい等身大の仕草ロボットの開発を進めるスピーシーズは、昨年11月に開催された「組込み総合技術展&IoT総合技術展」で、等身大アイドルロボット「高坂ここな」と人工知能(AI)を組み合わせてデモを行った。
しかしパーソナル人工知能を開発しているオルツの米倉代表によると、「スナックのママを作ってくれ」という依頼は多いが、話を聞いている人の反応や空気を読んで適切なトピックを返すという技は、未だAIには難しいそうだ。
ソフトバンクGの孫代表も、スナックのママのような「人付き合い」で顧客を作っていくことは、AIにはまだまだ難しい仕事だと指摘する。
上場企業の社長、役員がAIにとって代わられてしまうことはあっても、スナックやクラブのママ業は私たちが人間であり続ける限り、AIに置換できない仕事と言えるのかもしれない。
「スナ女」の登場は、マニュアル化され自分でものを考えなくなってきているサラリーマン社会への危機感を現す裏返し現象でもあるようだ。

| 20.02.14

プレッパー

自然災害や経済破綻、放射能汚染や核攻撃など “いつ起きるか分からない危機” に備えて、過剰で過激な対策を講じる人々を「プレッパー(Prepper)」と呼ぶそうだ。その数は全米だけでも300万人とも400万人ともいわれている。
「文明社会が崩壊しても生きていく」という強い意志の下、その準備は信じがたいほど過激だ。食料危機に備えて大量の水や食糧を貯め込む人、農園を作って自給自足を目指す人、地下に核シェルターを作り、破綻後の略奪に備え武器を蓄え射撃訓練に励み、戦闘技術を磨いて自衛を志す人までいる。
ナショナルジオグラフィックチャンネルがこうした過激な「プレッパー」を紹介する「DOOMSDAY PREPPERS」という番組を制作し放送したほどだ。
究極は富裕層「プレッパー」を対象に、アメリカ・カンザス州ウィチタ北部のトウモロコシ畑の丘の下に、豪華15階建て“地下タワーマンション”が開発されたことだ。軍用フェンスで周りを囲い、警備員はアサルトライフルを装備し迷彩服姿。まるで軍事施設のようなこの住宅は「サバイバル・コンドミニアム」と呼ばれている。
長崎に投下された原爆の100倍強力な核弾頭ミサイルに耐える、冷戦期に造られた地下ミサイル格納庫を2000万ドル以上かけて改装したそうだ。
1ユニット85㎡から170㎡、価格は150万ドルからで、既に55人以上が購入。いずれもハルマゲドンが近々来て、世界中の選ばれし1%だけが生き延びると信じている人だという。
因みにこのコンドミニアムへの入居は、ハルマゲドンが発生した時、オーナーがコンドミニアムから半径640km以内に居さえすれば、SWAT部隊がピックアップしてくれる特別なプログラム付きだそうだ。
地下シェルターの建設は日本では馴染みがないが、世界では多くの国が政府主導で作り続けている。中でもイスラエルが熱心だ。最近、首都エルサレムの地下に国家作戦本部を建設し、議会はすべてそこで開かれているそうだ。一方イギリス政府もEU離脱後の混乱に備え、2019年のはじめに国防省の地下核シェルターに防衛部隊を配置している。
北京では2015年時点で、冷戦期に造られた長大な地下トンネルや地下シェルターに100万人が暮らせると報告されている。シンガポールも、「地下都市計画」の一環として重要施設の一部を敢えて地下に埋めはじめた。
日本はどうするのか?ハルマゲドンを「諸行無常」とやり過ごすのか?未だに原発の「汚染水」すら処理できない日本に、「プレッパー」意識はいつ現れるのか?
コロナウィルスはいい試練だ。

| 20.02.07

RECENT ENTRYS

CATEGORY

  • BOOM
  • FOOD&RESTAURANT
  • LIVING&INTERIOR
  • SCIENCE&TECH
  • TRAVEL
  • TREND SPACE

ARCHIVES


1990年9月~2006年7月までの
TRENDS EYEの閲覧をご希望の方は
こちらへお問い合わせください。
ART BOX CORP.