trendseye

山火事停電

ブラジルのアマゾン森林火災が落ち着いたと思ったら、先月はカリフォルニア州各地で山火事が相次いだ。
中でも最大規模はカリフォルニア・ワインの産地として知られるソノマから州北部で起こった「キンケイド・ファイヤー」で、炎がブドウ畑を覆い一時30万人という住人が自宅から避難したそうだ。
ロサンゼルス、ブレントウッド地区の「ゲティー・ファイアー」は、ビバリーヒルズ近郊の高級住宅地を襲った。有名人の豪邸も数多く被害に遭い、今週来日した元カリフォルニア州知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーも、深夜避難に追い込まれたと語っていた。
これら山火事の原因はこの季節乾燥するカルフォルニアの気候に加え、昨今の温暖化の影響で海水温が下がらないことで、小さな自然発火でも温かく乾燥した風に煽られ瞬く間に大きな山火事へと発展してしまうらしい。
一方、昨年のサンフランシスコの山火事は米電力大手PG&Eの送電線トランスのショートが原因、とされたことも大きな問題を招いた。同社は先月、森林火災予防対策として過去最大規模の計画停電を実施し、80万世帯が停電したのだ。
なぜ計画停電が山火事防止に有効なのか?民営化されたPG&Eのインフラは古いまま放置され変電設備がショートする。使わなければショートしない!?という信じられない理論だ。
世界有数の富裕層が集まるカリフォルニアのワイン地帯が、気候変動の影響とインフラの劣化で現代文明の象徴である電力を失うことになったのだ。
戦後のベビーブーミングで大いに繁栄したカリフォルニアはアメリカの富の象徴だった。しかし70年間無策でいた結果、電力供給網は劣化し末期的な状態であることが露見した。
PG&Eは電力事業を効率化するために民営化されたが、森林火災の火元が古い変電施設のショートだと特定されたことで、損害賠償や罰金に備え計140億ドルの費用を引き当てた。これが災いして今年1月に米連邦破産法11条を申請し、経営破綻に追い込まれていた。
ところで、去年のギャラップの調査を分析すると、アメリカ社会の若者に新たな現象が起きている。18〜29歳の若者世代では「社会主義に好意的」と答えた人が51%にのぼり、資本主義の45%を上回ったのだ。( https://news.gallup.com/poll/240725/democrats-positive-socialism-capitalism.aspx )
民主党左派系のカリフォルニア州のギャビン・ニューサム知事は、PG&Eの失敗を「資本主義の貪欲さが気候変動と組み合わさった結果だ」と非難している。
来年は米国の大統領選挙だが、カリフォルニア州の山火事は思わぬ方向に飛び火している。

| 19.11.08

ネトフリ

映像ストリーミング配信サイトのNetflix(略称ネトフリ)の勢いが凄い。世界190カ国で1億3,000万人以上の会員を持ち、ライバルに差をつけて世界最大規模だ。既存の映画のみならずオリジナル作品を多数配信し、Amazonプライムビデオ(8,500万人)、 Hulu(2,800万人)やU- NEXT(非公開)との差別化に成功している。
中でもオリジナルのドラマシリーズ「ザ・クラウン」が最近話題になっている。現役の英国女王エリザベス2世の人生を描いているのだが、フィリップ殿下との結婚生活のギクシャクから妹・マーガレット王女との確執、チャーチル首相との政治的やりとりなど、ここまで描いていいのかと思うほど生々しい場面が続き、観る人を飽きさせない。
テレビのアカデミー賞といわれるエミー賞を2018年に受賞、90歳を超えてなお現役のエリザベス女王自身もこのドラマのファンなのだそうだ。
先に行われた天皇陛下の「即位礼正殿の儀」には、日本が国と認めた195カ国のうち191カ国が参列した。世界で最も長く続く日本のロイヤルファミリーへの世界の関心も高い。
人々が本来覗くことのできないロイヤルファミリーの儀式。英国からチャールズ皇太子、スペインの国王フェリペ六世夫妻、オランダのウィレム・アレクサンダー国王夫妻、ベルギーのフィリップ国王夫妻、ブータンのワンチュク国王夫妻等、世界の主な王室がほぼ勢揃いし、王妃たちの麗しいドレススタイルも垣間見ることができた。ネトフリはこうした世界を外から見るだけでなく、あたかもロイヤルファミリーの一員であるかのような体験コンテンツを作り出すことも可能であるといえるのかもしれない。
これが音楽配信と映像配信の大きな違いといえる。ネトフリの持つ映像力は、仮想現実の世界を作り出し、8Kサービスが始まれば現実との境目を無くすことさえできると考えられている。
今年6月、ネトフリは世界中のゲーム開発会社とつながり自社のオリジナルドラマなどを原作としたゲーム制作を本格的に進めていくと発表している( https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190618-00010000-magmix-game )。
未知なるものを居ながらにして体験し、ゲームの手法で自らのアバターが仮想現実の中に入り込んでいくことを想定しているのだ。
豪華客船に乗ったまま世界中を見て回るのが現代だとしたら、自宅のリビングルームでSF世界や世界中の都市、あるいは宇宙空間までもゲーム感覚で体験する時代を目指すということなのだろう。
ネトフリがゲーム業界に参入するニュースは、別に驚くにはあたらず自然の成り行きだ。映像の世界は、観るものから参加体験するものへと大きく舵を切り始めているようだ。

| 19.11.01

CATEGORY

  • BOOM
  • FOOD&RESTAURANT
  • LIVING&INTERIOR
  • SCIENCE&TECH
  • TRAVEL
  • TREND SPACE

ARCHIVES


1990年9月~2006年7月までの
TRENDS EYEの閲覧をご希望の方は
こちらへお問い合わせください。
ART BOX CORP.