trendseye

茶論

茶道文化が気軽に体験できる「茶論(さろん)」(https://salon-tea.jp/ )が、9月25日(火)に東京・日本橋高島屋S.C.新館にオープンする。奈良で茶道具を扱う1716年創業の老舗・中川政七商店が手がける新ブランドショップ「茶論 奈良町店」に続く2号店で、関東初の旗艦店になる。
「茶論」は、お茶を通して”おもてなし”の力量を上げる「稽古」、お茶を通して心に閑を持つ「喫茶」、オリジナル茶道具を販売する「見世」と、稽古・喫茶・見世の3つで構成された新しいビジネスモデルだ。茶道文化を世界に広げる新たな入口として注目を集めている。
最近の中国トレンドExpressによると、中国ソーシャルメディアにおける日本関連の書き込み総件数で不動の1位は、「日本で買い物したい」だそうだ。次いで「日本料理が食べたい」、「温泉に入りたい」、「お寺に行きたい」と続き、「お茶をたてたい」が5位にランクインしているという。「お茶をたてたい」はこのところ人気急上昇で、常にベスト10内にランキングされるほどらしい。
これは、以前よりも数多くの中国人が個人旅行で日本を訪れるようになったことに起因するようだ。彼らは団体でのショッピング三昧なツアーとは一線を画し、思い思いに旅程を組んで、「お茶をたてる」など「日本で”体験”したいもの」でスケジュールを埋めている。
茶に対して、中国と日本のこだわりには勿論数多くの共通点がある。中国では景色を眺め音を聞きながら味わったり、湯の中の茶葉を目で楽しんだり、五感を使って茶を楽しむ文化がある。日本では、作法や庭、空間のつくり、道具といった形式にこだわることで、茶を芸術の域まで深め、わび、さびの精神を体得してきた。
双方とも「お茶を飲む」という行為を超えて、「お茶をたてる」こと自体への関心が高いことが共通している。
10月13日(土)に『日日是好日 』という映画が公開される。エッセイスト・森下典子が約25年に亘って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ、『「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』を映画化したものだ。
千利休や「茶道」といったテーマはしばしば映画やドラマになっているが、「Let it tea. 史上初。お茶の映画ができました。」というキャッチコピーどおり、初めて茶道教室を舞台に紡いだ映像は、茶道初心者の“あるある”も詰め込んだユーモラスな作品らしい。
中国との観光交流でこれから重要なのは、何人インバウンド観光客が来たか?ではなく、少数でも意識の高い中国人観光客の存在があることを、誘致する日本側が認識することなのだろう。

| 18.09.14

先住民族崇拝

ブラジルの先住民保護に当たる国立先住民保護財団(FUNAI)が、アマゾン奥地で文明社会と接触していない先住民の姿を報告している。
同財団によるドローン撮影地点は、ペルー国境に近い北部アマゾナス州にあるバレドジャバリ保護区で、映像にはジャングルを切り開いたような広場に弓矢や棒状のものを持って歩く人の様子が映っている。
国土の広大なブラジルには、公式統計によると305部族の先住民族合わせて80万人以上が暮らし、274種類の言語を使っているそうだ。そのうち文明から孤立した部族が100余り確認されている。
かつてアフリカで発見された先住民マサイ族は、伝統的な牛・羊・ヤギ等の家畜の遊牧で生計を立てる誇り高い民族として知られていたが、現代文明と接触したことで彼らの多くは都市に住み、サバンナ観光ガイドや密猟監視員などの定職を持って暮らすことになった。
こうしたことへの反省からか、最近は非文明世界に生きる民族は文明社会を知らないままにするべきという意見が常識となりつつあるようだ。
一方日本では、先住民族、「縄文ブーム」が最近じわじわと来ている。東京国立博物館ではこの夏、特別展「縄文―1万年の美の鼓動」が開催された。縄文時代の国宝が初めて一堂に会する機会として注目を集め、奇しくもドキュメンタリー映画「縄文にハマる人々」( http://www.jomon-hamaru.com/ )が全国で順次公開されている。さらに巷では、土偶グッズを密かに集める女性を称する「土偶女子」なる言葉までも頻繁に耳にする。
紀元前一万年から紀元前二千年の間にかなりの文明度に達した縄文時代だが、その後の弥生時代には全く繋がらない独自の文明として栄えたことが分かってきている。
近年、縄文はエジプトやシュメールなどと比べても遜色ないレベルの文明だったのではないかという説もあるほどだ。
戦後、「記紀」を鵜呑みにした戦前の皇国史観への反省から、考古学の発掘成果を取り入れた「弥生=先進的」、「縄文=原始的」とのイメージが植え付けられてしまっていたが、最近縄文時代の研究成果が続々と発表され、その驚くべき独自性と可能性が明らかになってきた。
便利な時代には創造性が失われるというが、縄文の火焔型土器や土偶のユニークな造形を目の当たりにすると、その高度な精神性に潜在力が突き動かされる。
日本人はここに来てようやく日本列島の先住民族を縄文人と認め、その隠されたルーツを、今更ながらに真に知りたいと感じている。

| 18.09.07

RECENT ENTRYS

CATEGORY

  • BOOM
  • FOOD&RESTAURANT
  • LIVING&INTERIOR
  • SCIENCE&TECH
  • TRAVEL
  • TREND SPACE
ART BOX CORP.