trendseye

潜伏キリシタン

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(http://kirishitan.jp/)がユネスコの世界文化遺産として登録される見込みだと聞いて、「隠れキリシタン」は知っているが「潜伏キリシタン」とは何だと感じた人が多いのではないだろうか。
豊臣秀吉以降キリスト教への迫害が強まり、信者たちはキリスト教を捨てるよう強要された。彼らは仏教徒となったように見せかけ、裏で信仰を続ける事態に追い込まれたのだ。明治6年に信仰の自由が容認され、カトリック教徒として戻って来た人々を「潜伏キリシタン」と呼ぶ一方で、その後も地下に潜ったままの信仰を続けた信者を「かくれキリシタン(通称、かくれ)」として区別しているらしい。
大航海時代、西洋の列強は宣教師による布教活動と共に軍隊を送り込み、世界中で植民地化を促進した。日本でもキリシタン(切支丹)が急激に増え、江戸幕府の全国禁教令(1612年)が出される頃には5万人を数えたようだ。
長崎奉行は宣教師による布教の裏に植民地化の意図を感じ、それまでの優遇策を一気に弾圧に切り替えた。1人の外国人宣教師もいない中で信仰を貫き守り続けた「隠れキリシタン」は、結果、世界でも極めて稀な「キリスト教信仰の形」を作り上げたのだ。16世紀フランシスコ・ザビエル時代のキリスト教の儀礼などを引き継ぎつつも土俗的な信仰などをミックスして独自の宗教へと変貌させている。
解禁後もその形を引き継いだ「かくれ」は、1638年の島原の乱以来、迫害を恐れキリスト教をカモフラージュするために正月を過ぎても一年中しめなわを門戸に飾った習慣を現在も残しているという。
日本側の委員会は当初長崎の教会群で世界文化遺産登録を試みたが成らず、「潜伏キリシタン関連遺産」とする事で登録が認められたと聞く。
ユネスコの世界文化遺産登録は、ノーベル賞と同じく西洋的価値観で世界の文化遺産を振り分ける一種の文化的侵略でもある。今回申請に当たり「潜伏キリシタン」だけを選択したのは、「かくれ」をカトリックとすることを憚った日本側の”忖度”だったのだろうか。
400年もの間、地下に潜ったままの信仰を続けている「かくれ」にこそ、「隠れキリシタン」の本当の文化的価値がある様にも思えるが?

| 18.05.18

ノキア復刻

アメリカではスマートフォンを持たない高齢者が7,500万人いると言われている。スマートフォン所有率は65歳を超えると30%と極端に落ちる。一方、65歳以上のガラケー利用率が77%と意外に多いことに驚かされる。
日経新聞によると、日本のガラケー市場は平成28年の携帯電話出荷台数3,606万台の内664万台(18.4%)とのこと。また総務省が公表した「平成 28 年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、60代のガラケー利用率は69%に上るようだ。
アメリカと日本の統計の指標は完全には一致していないが、引退した65歳以上の高齢者になると75%前後がガラケー利用者である点は似ている。
スマートフォンが世界の携帯市場を席巻する中、相変わらずガラケーを持ち続けている高齢ユーザーや、新たなスマートフォン・サービスの登場を気にしない若手ユーザーの存在が、世界的に無視できない規模なのは興味深い。
映画「マトリックス」で有名になったスライド式カバーを備えて1996年に発売された「Nokia 8110」(https://www.nokia.com/en_int/phones/nokia-8110-4g)は、今年「フューチャー4G」として独自のOS、KaiOSを搭載して発売された。Google Assistant、Google検索、Google Map、Facebook、Twitter、Gmail・Outlookなどとの同期を可能にしてスマートフォンに引けを取らない。
市場調査情報を公開する「statista」が発表したデータによると、2014年の時点までは?世界市場におけるガラケー(フィーチャーフォン)とスマートフォンの出荷台数はほぼ均衡していた。その後大きく差は開くことになるが・・・
テンキーでサクサク操作ができ、簡易的にでもSNSができデザインも楽しめる。ノキア復刻版をきっかけに、高齢者だけでなく広い層でスマートフォンライクな4Gフィーチャーフォンが見直されそうな気配だ。
携帯電話が登場して30年。今やSNS全盛時代で、通話とSMSだけでコミュニケーションを図る人は確実に減っている。起きたらすぐスマートフォン、時計見るのもスマートフォン、写真撮るのもスマートフォン、休憩時間もスマートフォンと、気が付くと1日の大半をスマートフォンと向き合っていることに疑問を感じ始め、ガラケー(フィーチャーフォン)に戻す人も少なくないようだ。
安いスマートフォンは通信スピードが遅い。それに対してガラケーのフィーチャーフォンはスピード感もあり、デザインやライフスタイルにこだわった人たちが年齢を超えて使っている。
ノキアの復刻で、スマートフォンから自由になれるか?

| 18.05.11

CATEGORY

  • BOOM
  • FOOD&RESTAURANT
  • LIVING&INTERIOR
  • SCIENCE&TECH
  • TRAVEL
  • TREND SPACE
ART BOX CORP.