trendseye

海亀(ハイグイ)

中国では、「海亀(ハイグイ)」と呼ばれる海外を一度経験した高学歴のUターン組が増殖している。( http://j.people.com.cn/n3/2017/0412/c94475-9201957.html )
海亀(ハイグイ)」は深センだけでも約8万人以上いるそうだ。またアリババが本社を構える杭州では、2018年1月の時点で「海亀(ハイグイ)」族が創業した企業の数は4500社以上にのぼるといわれている。彼らは共通して、オフィスの外はすぐに世界(GAFAなどの海外有力企業)とつながっているという意識が強く、容易に世界のトップ企業とコンタクト可能なことを強みにしている。
中国では、「より良い教育」「大学入試のストレスからの解放」「海外での就職」「留学先の居住権/永住権取得」といった観点から海外留学が人気だ。2016年には留学者数54万5,000人と、過去最多を記録した。
しかし新しい傾向として、留学時には現地での就職や永住を希望していながらも、大学卒業後は中国に帰国する人が増加している。これがいわゆる「海亀(ハイグイ)」と呼ばれる人達だ。
中国のシンクタンク、センター・フォー・チャイナ・アンド・グローバリゼーション(CCG)によると、2016年に海外の大学を卒業した中国人留学生の80%までが中国に戻ってきているという。特に1980年から2000年の間に生まれた世代、2015年10月末に中国政府が一人っ子政策を廃止する前に生まれた子たちが、親のことを考え戻ってきている。
中国政府は、海外で学んだ才能ある自国民「海亀(ハイグイ)」を呼び戻すことでIT産業を中心に国をさらに盛り立てようという考えだ。日本政府は、必ずしも中国や韓国の留学生の数を追う必要はないのでは?
日本の海外留学者数は、経済協力開発機構(OECD)の統計によると、ピークであった2004年(8万2945人)から11年(5万7501人)までの7年間で3割減少している。しかし面白いのは、日本の留学生はほぼ全員が「海亀(ハイグイ)」だという点である。
日本は一般的に閉鎖的で、移民もほとんど受け入れず、独自マーケットを重視した企業を多く有する国と見られているが、和製「海亀(ハイグイ)」がそれを変えつつある。
アメリカが世界の舞台から撤退して自国の政治的分断に集中し、ヨーロッパでは右派ポピュリズムが台頭するなか、日本は独自の世界観に基づいた、高度に文明化された“エキゾチックな国”を作りつつある。
移民に頼らず、「海亀(ハイグイ)」によって国を良識ある世界のリーダーにして行く道も日本の選択肢なのだろう。

| 18.11.09

紅の豚

先日横浜港で「東京湾大感謝祭2018」のサプライズ企画として、横浜港開港以来初めて港内にシープレーンが着水した。横浜赤レンガ倉庫や大桟橋で見守っていた市民や観光客には大好評だったようだ。
フロートを付けた米国クエスト社製のコディアック・シープレーンが、ベイブリッジの上空から飛来し、水しぶきを上げてゆったりと着水する姿は、正にスタジオジブリ制作の長編アニメ『紅の豚』そのものだ。
『紅の豚』に登場する17歳の少女フィオピッコロのセリフに、「飛行艇乗りの連中ほど気持ちのいい男達はいないって、おじいちゃんはいつも言っていたわ。それは海と空の両方が奴らの心を洗うからだって。だから飛行艇乗りは船乗りよりも勇敢で陸の飛行機乗りより誇り高いんだって」・・・水陸両用のシープレーンには、飛行機や船以上にロマンを感じさせるものがあるのだろうか。今回のシープレーン飛来の実現には何と30年以上の関係者の努力があったと聞く。
横浜港がインテグレーティッドリゾート(IR)の最有力候補地と言われて久しいが、なかなかスッキリとは進まない。IRで大成功したシンガポールも、10年前にIRを誘致する時はカジノ賛否両論、議論百出だったようだが、その時の選考プレゼンテーションVTRを見ると、あることに気がつく。それはプレゼンテーションが「Singapore Government has a dream....」で始まる!ということだ。
シンガポール政府は自ら将来への夢とロマンを持ってIRを誘致しようとした。それに対して横浜市長のIRへの夢とロマンは聞いたことがない。カジノ批判を恐れるあまり、市長は未だに賛成すらしていないのだ。
横浜市と国交省航空局はいつからロマンを捨てたのだろう?明治の開港時にはあったように感じるが・・・。片やドバイは世界の先陣を切って、ドローン・タクシーを飛ばそうとしている。ドバイの道路交通局(RTA)は、ドイツの新興企業ボロコプター
( https://www.volocopter.com/en/ )とパイロットのいないエアタクシーの試験を年末に向けて実施するそうだ。さらに、中国のドローン・メーカー「億航」とも手を組み、1人乗り「自動運転航空機」イーハン184の試験も行っている。皆世界一になるために必死なのだ。
今回のシープレーンの着水は、ボトムアップの努力で規制を突破してやっと実現したものだ。
世界の都市は、熾烈な都市間アイデンティティ競争の時代に入っている。横浜市が『紅の豚』をトップダウンでコマーシャル運行させても、市民は理解するだろう。

| 18.11.02

CATEGORY

  • BOOM
  • FOOD&RESTAURANT
  • LIVING&INTERIOR
  • SCIENCE&TECH
  • TRAVEL
  • TREND SPACE
ART BOX CORP.